禁煙すると何が変わる? ゴールを目指して始めよう

・禁煙による良い変化を感じよう
・禁煙中は体重を気にしすぎない
・禁煙にはゴールがある

良い変化を感じよう!禁煙中の心と体

ほとんどの人は禁煙をすると、心身にさまざまな変化を感じることができるでしょう。
ここでは、喫煙が心身に与える影響や、「禁煙」によってもたらされうる“良い変化”を考えていきましょう。

喫煙は肌の老化を早めることが知られていて、タバコの本数や喫煙年数が増えるほど老化は早まり、シワややつれ、くすみ、顔色の悪さなど、「スモーカーズフェイス」と呼ばれる喫煙者に特徴的な顔になっていきます。喫煙によって肌の水分量が低下し、炎症反応が誘発されるため、シワが増えるのです。
禁煙指導をする側の私たちが、禁煙を続けている患者さんを診ていて、最初に気がつく変化は肌の潤いの回復や、くすみ軽減であることが多いように思います。

では、禁煙による心の変化にはどんなものがあるのでしょうか。
禁煙を続けていくうちに、徐々に離脱症状はやわらぎ、喫煙で作り出されるニコチン切れのストレスからは解放されるようになるでしょう。
それに、タバコを吸っていたときは、喫煙できる場所を探し回ったり、禁煙・分煙が進む街中で肩身が狭い思いをしたりしたかもしれませんが、その必要もなくなります。
ちなみに、“タバコを吸うこと”と心の関係については、「抑うつ」などの精神的な症状とのかかわりも指摘されています 1)

谷口千枝 先生

禁煙すると太るって本当?どうすれば…

「禁煙すると太る」というのは、残念ながら本当です。禁煙によって基礎代謝量の低下や食欲の増加が起こるほか、口さみしさや離脱症状のイライラから、間食が増えたり食べ過ぎたりしてしまうためです。禁煙中の体重変化を調べたところ、中には4kg以上増加する人もいらっしゃいましたが、多くの人は2kg程度の増加でした。
ただ、タバコを我慢する上に体重のことまで考えると、ストレスになって疲れてしまうので、主治医の先生と相談して禁煙に取り組みましょう。どうしても気になる人は、禁煙初期は運動をして体重をコントロールするのがおすすめです。運動は離脱症状のイライラをおさえる効果もあるので、週に数回ウォーキングをするなど、無理なくできることから始めて、食事の制限は禁煙が安定してから行うのが良いでしょう。

乾癬と付き合いながら禁煙できる?

乾癬は、長期にわたって付き合っていく必要がある病気で、食事や運動、症状のコントロールなど、日頃から気を使うことがたくさんあると思います。さらに禁煙もしなければならないとなると、「大変そうだな」と感じるかもしれません。ただ、禁煙はずっとつらいわけではなく、必ずゴールがあります。禁煙の離脱症状はおよそ2週間で軽減しますし、1年たてば喫煙していた自分を過去の自分と思えるようになります。禁煙に成功すれば、ゴールしたという達成感をもてますし、自信にもなります。ぜひトライしてみてください。

  • 1) Taylor G et al.BMJ. 2014;348:g1151
谷口千枝 先生
谷口千枝 先生
愛知医科大学 看護学部 成人看護学 講師
禁煙治療のためのカウンセリングに関する研究を行う。これまでに名古屋医療センター、愛知県がんセンターの禁煙外来で、禁煙カウンセリングに従事。