Publish Date: 
Fri, 12/30/2016 - 09:00

多発性骨髄腫は腰背部痛や肋骨の痛み、動悸や息切れなどの貧血症状、腎障害によるむくみなどの自覚症状がきっかけで受診し、精密検査で発見されることがあります。